後ろ盾なき挑戦者 のブログ

副業 と 駆け出しメンタルコーチ のもがきの日々

ハシゴ戦が好きなんだ!⑥ チーム・アングル vs. エディ・ゲレロ & タジリ

f:id:kumai-shun:20211003170133j:image

ここ数回TLCマッチに関連した過激な試合が連続したので、一度息抜きしましょうということで、この試合

 

チーム・アングル vs. エディ・ゲレロタジリ

ハシゴ戦形式のWWEタッグ王座戦です

 

2003年5月23日開催のジャッジメント・デイでの試合です

 

試合動画は約17分、こちらからどうぞ

 

www.dailymotion.com

 

 

出場選手は

WWEタッグ王者のチーム・アングルが

チャーリー・ハース

シェルトン・ベンジャミン

 

対するは急造チームの

エディ・ゲレロと日本人スーパースターのタジリ

 

 

王者組、チーム・アングルのアングルとは、

バルセロナオリンピックレスリング金メダリストにして、WWEのレジェンドカート・アングルのこと

チーム・アングルはカート・アングルをリーダーとしているけど、

この時期、カートは3月のレッスルマニアを最後に首の手術を受けて療養中

 

 

本来、エディは甥のチャボ・ゲレロとロス・ゲレロスを組んでいますが

この試合の数週前にチャボがケガで離脱

 

当初、エディ一人でハンディキャプ戦を行うことになっていましたが、

試合直前にタジリと組むことが本人から発表されました

 

 

そして4人のうち、3人はハシゴ戦初挑戦ということで、

試合中少々ハシゴの扱いに戸惑うシーンも見られますが

最後の展開などはアイデアに富んだ、彼らだからこその試合になっています

 

初めての試合形式で、初めてのパートナー

にしては、ドキドキさせてくれる試合

それがぜひ皆さんにお勧めしたい理由でした

 

 

それにやはり日本人ですから、ベビーフェイスということもありエディ&タジリを応援しちゃいますよね

 

 

一方でハース&ベンジャミンはデビュー数カ月のまだ若手

ベンジャミンはレスリングでNCAAの全米3位になったり、たしかバスケットで全米代表になったり、

100mの短距離走のチャンピオンになるほどの、フィジカルモンスター

レスリングがちゃんとできる、グラウンダータイプでありながら、

空中技もこなせるという

 

彼にはもっと成功してもらいたかったけど、ちょっと時代が早かったのかな…

優等生っぽすぎるルックスでもあるからね

いまひとつ、いいヒールの役に恵まれなかった

アメリカンプロレスで人気に火が付くときは、ベビーフェイスよりもヒールのときのほうが多かったりします

 

それに、2021年のいまだったら確実に一度はWWE王座かユニバーサル王座は獲れているかと

2003年はまだ黒人を団体の顔にするには、マーケティングにおいては消極的だったのでは、という印象です

 

 

その後の4人は

エディ・ゲレロはこのあとさらに人気が出て、シングル路線に転向

2004年に初めてのWWE王座を獲得します

しかし2005年11月、人気絶頂のときに遠征先のホテルで動脈硬化性疾患により38歳の若さで急死します

 

タジリは2005年2月にTVショー RAWの日本ツアーで来日、日本人ファンの前で世界タッグ王座を獲得、同年12月WWEを退団

現在はフリーのレスラーとして日本のマットで活躍しています

 

チャーリー・ハースはこのあと大きなブレイクはなく、2010年にWWEを退団

 

シェルトン・ベンジャミンはシングル路線に転向してインターコンチネンタル王座を獲得するも、2010年に一度WWEを退団

2016年にWWEに戻るも、もうちょっとな活躍をしています

彼については、またどこかで試合を通じて触れたいなと思います

 

 

次回はシングルのハシゴ戦をいきたいな、と思っています!

 

ではまた

 

 

日本語字幕版はこちらに収録されています!