後ろ盾なき挑戦者 のブログ

副業 と 駆け出しメンタルコーチ のもがきの日々

ハシゴ戦が好きなんだ!⑤ 史上初のTLC戦 ダッドリー・ボーイズ vs. クリスチャン&エッジ vs.ハーディ・ボーイズ

何てこと!

大変です

6mの高さから落下し、4台のテーブルを貫通

 

奴は終わりだ

まさに修羅場だな

 

f:id:kumai-shun:20210926062042p:plain

 

 

「ハシゴ戦が好きなんだ!④ 」に取り上げたトライアングル・ラダーマッチから4か月後の2000年8月

舞台は夏の祭典、サマースラムで同じタッグチームによる、タッグ王座をかけた再戦が行われることになりました

 

 

ハシゴ戦にテーブルが投入され、そして新たに加えるべき調味料とは…イス!

こうしてハシゴ戦は、Table Lader Chiar :TLCマッチに進化を遂げたのでした

 

そこに6人のエクストリームな男たちが戦うとなれば、

試合はより残虐なものになるのは必至で…

 

 

まずは試合映像をどうぞ!20分です

The Hardyz vs Dudley Boyz vs Edge & Christian - TLC Tag Team - Tag Team Championship - Summerslam 2000 - video Dailymotion

 

 

 

2000年に生まれたTLCマッチ

WWEでは人気の試合形式の代表的な1つと言えます

ハシゴ戦よりも、盛り上がりますからね

 

2009年からは12月のPPV 「TLC」が誕生して、現在も続いています。

TLC戦のPPV”というよりはハシゴ戦だったり、TLC戦が大会の目玉という趣旨になります

 

 

出場のスーパースターは以下6名

前回記事からそのまま貼りますが

 

ハーディー・ボーイズ(挑戦者)

 マット・ハーディ:兄

 ジェフ・ハーディ:弟

 

エッジ&クリスチャン(WWEタッグ王者)

 エッジ:兄(設定上)

 クリスチャン:弟(設定上)

 

ダッドリー・ボーイズ(挑戦者)

 ババ・レイ・ダッドッリー:異母兄弟の兄(設定上)

 ディーボンダッドリー:異母兄弟の弟(設定上)

 

 

ハシゴ戦の名手、イス攻撃を得意とする、テーブル戦の達人が再会したのです

 

しかも、トライアングル・ラダーマッチで6人ハシゴ戦の” やり方 ”は熟知してしまったとなれば、

試合序盤は組み合ったり、殴り合ったり…なんて悠長なことはありません

最初からイス攻撃、ハシゴ攻撃が始まります

 

まぁ再戦ですから、同じことをやっていては、観客に飽きられてしまいますからね

 

 

しかしこの試合形式は非常に危険で

一番の危険はイスやハシゴで叩かれるよりも、ハシゴの上から地面に落とされること

 

ハシゴ戦の特集DVD「WWE ラダー・マッチ」でのコメントによれば

エッジはこのハシゴ戦に出場したことで、首の骨の骨折、方の関節唇や胸筋、股関も損傷

全ての歯に鉄の矯正具を入れたそう

 

 

特に今回の試合では落下が多い!

ハシゴに昇っている途中にハシゴを押し倒されて、

リングロープに股間を強打したり、

 

リング外のテーブルに墜落したり…

ハシゴの上、中段からリング外というと、それでもやはり4,5mくらいの高さがあるし、ハシゴは放物線を描いて倒れますから、勢いがあって

 

 

もう1つ注目は "はしごを外される "って言葉があると思いますけど、まさに「こういうことね」と思わせてくれます

というか「ハシゴを外される」の方かもしれません

 

 

プロレスは、特にアメリカン・プロレスはストーリー性や作りの部分を好まれない方がいらっしゃいますが、

目の前で起きている肉体の酷使、そしてファンへの献身は現実で起きていること、だと理解していただけるといいかなと思います

 

あと、絶対にマネしないでください!

 

 

TLCマッチは以降2002年までに3回開催

3年で3回はWWEの中では少ない開催回数です

 

それだけ、この試合に出場することで肉体が受けるダメージは大きく、選手のキャリアに関わるわけです

 

 

この試合の字幕版をご覧になるには

のディスク2に収録されています

 

 

次回は一度、シングルマッチに戻そうかと思います

 

 

ではまた